various

「女性の保障」とは?

かめかめ
かめかめ
こんかいは「女性の保障」かめ♪

 ほけんを調べると、「女性の保障」や「女性のための保険」などが出てきます。これはなんだろうと思う人に、わかりやすく伝えていきたいと思います🐢

 

①【図解】「女性の保障」とは?

 

かめたん
かめたん
よく見るけど、どういう保障なの?

かめかめ
かめかめ
図で説明するかめ♫

 「女性の保障」は、医療保険の上乗せです。入院保険は、(1)入院日額 と(2)手術 の2つがベースになります。女性関係の病気(子宮など)の場合、普通の給付を上乗せして支払う保障です。図解するとこのような内容です。※「女性の保障」の手術がないほけんも多くあります。

かめかめ
かめかめ
まずは医療保険かめ♫

 

 

②どういう時に役にたつの?

 

かめたん
かめたん
どういう時に役に立つの?

かめかめ
かめかめ
個室を選びやすいかめ♫

「入院」の上乗せでは、女性の病気はナイーブなため、「個室の利用」で他人の目を気にせず治療に専念できます。

③備えるべきなの?

 

かめたん
かめたん
女性は備えたほうがいいのかな?

かめかめ
かめかめ
備える必要性は低いと思うかめ♫

私は、備える必要性は低いと思います。理由は、

 

(1)通常の医療保険でカバーしよう

 

 通常の医療保険で「入院保障(例えば日額10,000円)」を備えていれば、十分保障をカバーできますよ。

 

(2)入院するケースは珍しい

 

 パンフレットを見ると、「貧血」も対象となるほけんもありますが、実際に入院するケースは珍しいため。

 

(3)入院日数が短い傾向

 

 女性だけでなく、入院日数は短期化しています。そのため、上乗せされても日数が短いならばそれほど負担にはならないと考えます。

 

それでも、気になるあなたへ。

 

かめたん
かめたん
付けたほうがいいか悩むよ

かめかめ
かめかめ
途中で外せるから、悩むなら付けておこうかめ♫
 

それでも不安な方は、間違いなくいます。その方にいつも伝えているのは、『悩むなら、保障を付けましょう!』ということ。

「女性の保障」は特約なので、不要と思えばいつでも外すことができます。逆に「後からつけたい」と思っても、その時の健康状態で付けられなかったり、その時の年齢で、保険料負担が大きくなります。』

\近くの保険ショップ検索/

“ほけん”がよく分からない方へ

保険会社の保障内容をみても、よく分からないよ…(:_;)

という方は、一度【無料保険ショップ】へ行かれてはいかがでしょうか?

相談無料なので、利用したことが無いなら一度試してみましょう🐰

まろん
まろん
良かったら、相談してみてね👇👇👇

\近くの保険ショップ検索/

保険相談ニアエル